家計改善計画~2000万への道

家計の赤字体質を改善し、投資もやってみるブログです。

支出削減 ― 住宅ローン

こんにちは!まろんです。

今回はさらなる支出削減として住宅ローンについて検討しました。

臆病なのであまり思い切ったことはできないのですが、多少削減できました!

 

目次

 

借り換えを検討

今回は住宅ローンの借り換えを検討しました。

私たちがローンを組んだ時期も十分に金利が低く(当時はそう思った)、もう下がらないだろうということで「10年固定」にしていました。

10年を迎えるにあたって借り換えを検討しました。

地方銀行は?

普段利用している銀行の借り換えのシミュレーションなどをしましたが、手数料などを考えると「労力の割にあまり変わらない...」というかんじでした。

借り換えするとatm手数料が無料になるなどの特典が多少ありますが、そこまでの魅力はありませんでした。

ネット銀行は?

そこでネット銀行を検討しました。

すでに口座を持っている住信SBI銀行を検討してみました。

デメリットがいくつかあり、申し込むに至りませんでした。 

デメリットだと感じた点
  1. 変動金利は安いけど、10年固定だとあまり安くない
  2. 事務手数料としてローン残額の2.2%分が必要
  3. 全疾病保証の支払い条件が今のものより悪かった
1番について

10年固定だとあまり安くないというのは、他の銀行も同じですね。我が家が住宅ローンを借りたときは、現在ほどではありませんが金利が安い時期でしたので、頑張って時間と労力とお金を使って借り換えたいと思えるほどの金利ではありませんでした。

2番について

事務手数料がローン残高の2.2%は高いと感じました。

これは2020年1月時点ですので詳細はウェブサイトをご覧ください。

参考までに、楽天銀行の2020年1月時点での借り換えでの事務手数料は、楽天銀行を返済口座にした場合で0.990%、それ以外を返済口座にした場合でも1.430%です。

やっぱり2.2%は高いという結論になりました。

3番について

団体信用生命保険は全疾病保証で金利の上乗せもない、という点はいいところでした。

ローン残高に対する保障は、「12か月間就業不能になれば」ということでした。

「1年間も夫が就業不能の間、子ども2人を抱えてどうしろっていうわけ?」という不安が。

 今加入している団信の保障は、全疾病を対象としていませんが、就業が大変になるであろう主な病気(がんなど)を対象としていて、診断がおりた時点で即支払いがなされるというものでした。

最近はがんも通院での治療になっていますが、やはり治療をしながら仕事をするのはしんどいらしく、結局退職するという話を見聞きします。

万が一の保障なのに、万が一のときに生活費と治療費の心配をしながら1年も待つなんてしんどすぎます。

金利を見直す

結局、現在利用している銀行での金利見直しを検討することになりました。

「借り換えを検討しているのですが...」

というと、営業さんがすぐに「この金利でやれます、いかがですか?」と資料を作って持ってきてくれました。

本当にすぐ持ってきてくれて、かなり驚きでした。

他社との比較をして何日間か悩みましたが、結局今のところで見直しすることにしました!

 

まとめ

今回の見直しで、残り25年での支払額を約200万ほど削減できました!

また10年後には借り換えや金利見直しを検討するかもしれませんが、とりあえずこれで満足です。

我が家は地方の一戸建てに暮らしていますが、見直しによって子どもが1人のときに暮らしていた2LDKのアパートの家賃よりも安くなりました!

ボーナス払いもしていないので、ずーっと「家賃よりも安い金額」で暮らせると思うと、かなり嬉しいです。

よく賃貸か持ち家かという話が出ますが、私のように男の子2人育てる人には戸建てが優しいです。

収入によるかもしれませんが、住宅ローン控除で固定資産税を払う分くらいは戻ってきます。

今度はこの住宅ローン控除がない分をどうしようかなぁと考え中です。

また何かを削減できたらアップします!

参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ソーシャルレンディング

こんにちは!まろんです。

今回はSBIソーシャルレンディングを利用開始しましたので、それについて少しまとめようと思います。

 

目次

 

SBIソーシャルレンディングとは

SBI ソーシャルレンディングが投資家および借手を募集します。

そしてSBIソーシャルレンディングがファンドの営業者として借り手に貸し付けを行ない、返済を受け、投資家への分配・償還をおこないます。

詳しくは以下のリンクを参照してください。

https://www.sbi-sociallending.jp/

 

投資に必要な金額は?

こちらは最低金額1万円から投資が可能です。

私は1万円1口、4万円1口の合計5万円投資しました。

万が一なくなっても、悲しいけれども生活に困らない金額にしました。

 

金利は?

ウェブサイトでは3%~10%とされています。

利回りが10%のものがあっても、最後まで返済してもらえない気がしてきますね(笑)

私はきっとそういうものには投資しません。

投資先は大丈夫?

今回の投資先は不動産担保ローン事業者ファンドです。

これに決めた理由は単純で、現在はこれしか募集がないということ、そして、こちらは今のところデフォルトしていないということが決め手です。

オーダーメード型ローンファンドなど他のものはデフォルトしていますので投資先には注意した方がいいですね。

金額も少なめで始めるのがいいと思います。

 

運用期間は?

運用期間は、2019年12月現在のものは約14か月となっています。

私が投資した2つのものも約14か月となっています。

私のケースでは今のところ2回利息が支払われています。

ちゃんと償還されるかまだまだ不安な気持ちではありますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

こんな感じでソーシャルレンディングを始めてみました。

急にいろいろやり始めているので、自分でも少し心配ですが、なんでもやってみようという精神です。

実際に体験するのと誰かの書いた記事を読むのとではやはり気持ちがまったく違います。

今後もまた色々と体験していきながら、自分に合った方法でお金を増やしていきたいと思います!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

米国ETFを買ってみた

こんにちは!

まろんです。

 

今回は米国ETFを購入したときのことをまとめました。

ご参考になれば幸いです。

 

目次

 

米国ETFとは

まずETFとは上場投資信託のことです。

普通の投資信託を株式会社のように上場しているのです。

そんなこと言われてもなんだかよくわからない...という方、私もよくわかりませんので大丈夫です(ダメかな笑)。

今回は米国の上場投資信託ETF)を購入しようと考えました。

もちろん日本にもETFはあるのですが、ウェブ上で調べたり書籍を読んでみたものの(あんまり多くはありませんが)、さほどにお勧めされていなかったです。

むしろ、罠銘柄も含まれているから注意的なことを言う方もいらっしゃいました。

だけど、米国ETFにはとても人気があったり、お勧めされている記事が多くありましたのでこちらを買ってみることにしました。

でもちょっと価格が上がっていて、高値掴みをしているような気もしますが、投資のタイミングを見計らって上手くやれるほどの知識がまだありませんので、とりあえず練習です。

 

SBI証券で購入

以前SBI証券の口座を開きましたので、こちらで購入しました。

最初はよくわからなくて、証券口座に入金してある円で購入してしまいました!

SBI証券でドル転すると、1米ドルあたり25銭かかるのですが、SBI銀行の外貨積立を利用すると1米ドルあたり2銭でした...。

ちょっと損してしまいました。無知とは恐ろしいものです。

仕事に追われてササっとやってしまいましたが、まとまった金額を購入するのだから、手間を惜しまずちゃんと考えた方がよかったですね。

購入した銘柄

今回は

SPYD50口

HDV9口

購入しました。

SPYDを選んだ理由は簡単で、S&P500が人気だからです。

そして、SPYDは少し買いやすい価格だったためです。

そしてHDVを購入した理由は、SPYDと組み合わせるとセクターのバランスがいいポートフォリオができるためです。

人気ということはすでに価格が高くなっているわけですが、積み立てnisaにもS&P500の商品が出ましたし、他にもどんどん私のような人間が購入するだろうと考えました。

今後またお金がたまったら別のものを購入してみたいですね。

まとめ

もうお分かりかと思いますが、私は米国株をメインとしてやっていこうと考えました。

日本株が今あがっているのはまやかしで、消費増税が実施されたので停滞するかな...と考えています。

そうそう、今回少し外貨建てMMFブラックロック)を購入してみました。

金額は444.89ドルです。

毎月分配だそうで、外貨預金と同じ感覚で購入しました。

税金がとられるのが気になりますが、私は毎年確定申告をするので、海外に支払う税金は戻ってくるのかな...と思ってます。

まだ調べてないのでどのくらい戻るかはわかりませんが、全額ではないかも???

確定申告したら、また結果をアップしようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

小規模企業共済に加入

f:id:maro315:20191203232604p:plain

money-tsumitate

 

こんにちは!

まろん@家計改善計画です!

 

今回は小規模企業共済に加入しましたので、それについて書いていこうと思います。

 

目次

  

小規模企業共済とは?

小規模企業共済とは、経営者の退職金のようなものです。

 

https://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/index.html より引用 

小規模企業の経営者や役員の方が、廃業や退職時の生活資金などのために積み立てる「小規模企業共済制度」。掛金が全額所得控除できるなどの税制メリットに加え、事業資金の借入れもできる、おトクで安心な小規模企業の経営者のための「退職金制度」です。

 

ポイント1

月々の掛金は1000円から70000円まで500円単位で設定が可能です。

売り上げに合わせて小額から設定できるところが嬉しいですね。

この掛金は全額を課税対象所得から控除できるので、節税効果があります。

ポイント2

共済金を退職・廃業時に受け取り可能です。

途中解約も可能です。

 

個人事業主は入るべきか?

さほどに大きな売り上げがない個人事業主であっても、加入する方がいいと思います。

青色申告をしている方はわかると思いますが、所得から控除できるのはとてもありがたいことです。

節税効果は、住民税率10%を含め、最低15%から最大55%となっています。

自営業はいつ事業を続けられなくなるかわかりませんから、普通に定期で貯蓄するのであれば、こちらに加入して積み立てしていた方が節税になってはるかにお得です。

定期預金の金利が0.01%であるのに対して、小規模企業共済は利回り1%~1.5%となっています。

私はたとえ1000円でも掛けた方がいいなという結論に至りました。

また、受取時には退職金(共済金A)/老齢給付(共済金B)として受けることができます。

共済金Aは1.5%で運用されていると案内には書かれています。

定期預金の150倍ですよ!

私の場合は廃業時に退職金として受け取る予定でいます。

老齢給付として受け取るまで仕事をしている自信がないですし、共済金Bは利回りが予定利率とおおむね同率の1.0%の運用であるためです。

 

途中解約に注意

あまりいないかもしれませんが、途中解約をするときはいくつか注意しなければならない点があります。

1年未満は掛け捨て

20年未満は掛金合計額を下回る

ということです。

廃業であれば、普通に掛金よりも多い金額での受け取りとなります。

キャッシュフローが悪くなって困った場合には、納付した掛金の範囲内で貸し付けもしているようなので利用するといいかもしれませんね。

 

まとめ

今回は小規模企業共済を始めました。

掛金はとりあえず5000円です。

またしょぼいなぁ~と自分でも思いますが(笑)、フリーランスはいつどうなるかわかりませんから、とりあえず確実に払える金額からスタートしようと考えました。

売上を見ながら、また来年増やしてみようかなと思います。(ちょっと自信ないです)

子どもが大きくなれば仕事に割く時間も増えるため、売り上げは増えると予想しています。実際に、まだフリーになって3年ですが毎年数十万ずつ増えています。

インボイス制度が始まると、ちょっと厳しいかなぁなんて弱い心もありますが、それはまた別の機会に。

 

参考になりましたら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

個別株への投資

こんにちは!

まろん@家計改善計画です!

 

今回は個別株を買ってみましたので、その時の経験について書いていきます。

 

目次

 

 

単元で買ってみる!

私は全く株を知らなかったので、買うときに100株でないと優待がなかったり、値段を指定できなかったり、色々と不自由だということを知って驚きました。

とりあえず、指値注文を経験してみようということで適当に安いのを選んでみました。

8524 北洋銀行

100株247円で購入

とりあえず買えそうな金額で株価が安いものを選んでみる。

金貸しにお金を貸しているという感じがなんだか気分がいいので(笑)

しかし、購入後どんどん株価が下落……

自社株買いしたら株価上がるって言ってたのに!もう!と心は大変乱れました。

嘆いても仕方ないので、とりあえず配当金もらって、元に戻るまで待っています。今も。

最近戻ってきてるので、もう少しだけ上がったら売ってしまおうと思います。

9501 東京電力ホールディングス

100株 510円で購入

555円で売却

こちらは配当がないのですが、日経平均の下落が続いていたのでもしかしたらちょっと上がるかなと思いとりあえず買ってみました。

そしたら一度上がって、また下がっていますね。

丁度いいところで売れたかなと思います。

 

単元未満株の練習!

5803 フジクラ

10株 367円

とりあえず単元未満株の買い方の練習をしてみました。

買った理由は、安いからです。

ちょっと買い方がわかりずらくて、全部のボタンを触ってみるという修行の一環でした(笑)

でもこちらも買った後どんどん下がって辛い気持ちに。

ちょっと戻ったとき、410円で売却しました。

手数料があるのでマイナスでした。 

8016 オンワードホールディングス

20株 602円

アパレルが厳しい状況なのは知っていましたが、オンワードが好きだったので買ってみました。

しかし、こちらはどんどん下がって下がり方がひどいので、521円で売却しました。

初めての損切ですね!

ちょっと悲しいですが、その後店を大量に占めるというニュースが出てたので売っておいてよかったなと感じました。

 

まとめ

今回はたくさん個別株を試してみました!

うまいことプラスで売れたものもありますが、いきなり「塩漬け」や「損切り」を体験することとなりました。

下がるとけこう心が乱されますね。

私は個別株の投資はあまり向かないなぁと感じました。

個別株は優待が欲しいものだけにしようかなと、少しだけ方向性が見えました。

実践しながら勉強して、自分に合った投資を探していこうと思います!

また今後も色々と実践した記録を残していきます。

参考になれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

 

iDeCoに申し込んでみた

こんにちは!まろん@家計改善計画です。

前回まででやっとこ証券口座を開きましたが、その時実は同時に夫の分も一緒に証券口座を開いていました!

夫の方は投資+節税ということでiDeCoを申し込もうという話になりました。

申し込みから設定までを簡単にまとめました。

 

目次

 

 

 

手順1 証券口座を申し込む

SBI証券に口座を開きました。

ここでは、特定口座(源泉徴収あり)、積み立てNISA口座を開きました。

 

手順2 SBIにiDeCoの資料請求

iDeCoの申し込みはネットで同時には行えませんでした。

利用できるかどうかの審査があるためです。

説明を読み、申し込み用紙に記載します。

会社に記入してもらわなければならない場所もあるので、確認、記載してもらってから申込書を郵送するという流れになります。

オリジナルプランかセレクトプランか

SBIのiDeCoにはオリジナルプランとセレクトプランがあります。

オリジナルプラン…サービス開始当初からあるもので、中身を見るとセレクトプランとは運用商品がかなり違います。

セレクトプラン...こちらは2018年からの新しいプランです。

先進国株式が増えていますし、積み立てNISAでも買える商品が色々あります。

ネット検索してみたところ、やはりセレクトプランがお勧めということでセレクトプランにしました。

 

運用か定期預金か

iDeCoには運用商品と、定期預金の商品があります。

やはり元本保証は魅力です。

ということで、定期預金の利率を確認。

あおぞらDC定期(1年)の2019年11月1日現在の適用利率

0.02%

です。

うーん、ちょっと低すぎやしませんかね???

今回は私でなく、夫のiDeCoなわけですが、掛けられる金額が12000円です。

0.02%の利率では、口座の維持手数料払ったら手数料負けしませんか?

因みに、必要諸経費は以下の通りです。

以下、SBIより引用

必要諸経費

加入時・移換時・運営管理機関変更時、プラン変更時

(金額はすべて税込)

①加入時・移換時

SBI証券iDeCoへの加入時、または企業年金などからSBI証券iDeCoへ年金資産を移すとき(移換時)。

国民年金基金連合会2,829円+SBI証券0円=合計2,829円

※ 加入と移換の両方を行う場合も同額の手数料となります。

※ 移換とは、企業型確定拠出年金企業年金から年金資産を持ち運ぶことをいいます。

口座管理の手数料

(金額はすべて税込)

①加入者( 掛金拠出者 )の場合

iDeCo に加入し、掛金を拠出するとき。

国民年金基金連合会105 円 / 月※ 掛金の拠出がない月は、国民年金基金連合会への手数料はかかりません。

+事務委託先金融機関(資産管理サービス信託銀行)66円 / 月

+SBI証券0円 / 月=合計171円 / 月

SBI証券iDeCo では、年金資産残高にかかわらず、SBI証券にお支払いただく口座管理手数料は無料です。

 

 

 

最初の費用だけでなく、毎月171円かかります。

年間で2052円です。

節税効果があるので普通の定期預金よりはずっといいのですが、利率が低すぎて手数料に負けてしまって資産が増えるということはなさそうですね。

将来的に起こり得るインフレにも耐えられる気がしません。

というわけで、今回は運用にしました。

成長する可能性がある方にかけた方がいいかなという結論になりました。

投資信託は控えめに見積もっても3%くらいの増加率となるというようなことをあちこちで読みましたしね!

良い情報はすぐ信じがちです(笑)

今回は、私の積み立てNISAと同じで国内株式、全世界、S&P500とに振り分けてみました。

これはまた後で変更もできるようなので、とりあえずということで。

まとめ

以上のような経過でSBIのiDeCoに申し込み、運用開始しました。

定期の利率低すぎるのだけが本当に納得いかないなと思いました。

iDeCo用の商品だから0.01%じゃないよ~って言われても毎月手数料かかるとやる気でませんよね。

主婦は日ごろ数円~数千円くらいの節約を意識して暮らしているため、大きい金額より小さい金額の方が気になりがちです。(私だけ?)

小数点第2位とかダメだろ!と考えた人に言いたいです。

節税とか言っても、結局税金とられて手数料とられることの方が気になるのでした。

皆さんの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

【確定拠出年金(iDeCo)専用】SBI証券

 

 

 

証券口座を開く

こんにちは。まろんです。

前回書いたように、投資に興味がわいたので、人生初の証券口座を開いてみました。

投資をしているという友人にどこのがいいの?とか聞いてもなんだかたくさん口座を開いているみたいで違いなどもよくわからなかったので、とりあえず読んだ本の中で説明されていたSBI証券で口座を開くことにしました。

本やウェブサイトで検索しながら口座開設までこぎつけました。ついでに(?)ポイントが貯まるということでネット銀行も開設したり、ポイントサービスにも登録しました。

以下に内容をまとめました!

 

目次

 

 

証券口座を開設

今回開いたのはSBI証券です。

Googleで検索すればぱっと出てきて、あとはひたすらハイハイとクリックしてたら開設できます(ハズ…)。

口座は特定口座(源泉徴収あり)にしました。

これをすると確定申告がいらないんだそうですが、私の場合は自営業なので毎年必ず確定申告をしています。

なので源泉徴収なしの口座でも特に問題はありません。

青色申告をしていて、あまり稼ぎも多くない(笑)ため戻ってくる分が多いのですが、知らない間に貯金しているような感じになって嬉しい感じになるので「源泉アリ」を選びました。

FXや信用取引は怖いので申し込んでいません。

申し込みにあたってわからない言葉は、その都度検索すればブログに書いてくれている親切な人がいるので大丈夫でした(笑)

身分証明書やマイナンバーカードなどはウェブアップロード*にしたので申し込みをして1週間くらい?で開設しました。郵送だともう少し時間がかかるようです。

積み立てNISAも同時に申し込みできました。

*ウェブで大事な情報をアップロードするのは心配ですが、郵便も信用できません。ごくまれに郵便物を配らないで捨てられてることありますよね。私自身は、以前TOEICの受験票が届かなくて困ったことがあります。まったく関係ない人の郵便が届いたりも何度かあります。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

つみたてNISAの設定

証券口座を開いてまずやったのは積み立てNISAの設定です。これはたしか口座開設の時に選択するところがあって、そのときに選択した気がします。

  1. 証券口座を開く手続きを開始
  2. 総合口座を開設
  3. 積み立てNISA口座を開設する
  4. 積み立ての設定をする(投資先、金額、割合)
  5. お金を証券口座に入金する

 とりあえず手数料が安いのが一番だということを学んだので、「emaxis slim」シリーズのTOPIX、全世界、ニッセイの外国株式に決めました。

投資信託なので何も考えずに毎月定額積み立てていきます。

全世界は何となく分散投資というものをしてみたかったというだけです。

まずは12000円から(少ない!)。

だって怖いから。

色々勉強しましたが、実際に体験して理解してからでないとドーンといく勇気がでません。

少しずつ投資して慣れてからやっていこうと思います。

 

個人向け国債

次に、個人向け国債を買ってみました。

金額はしょぼく5万円。

これも本で読んだとおりに(笑)

固定3年と10年変動金利を購入。

この後景気が停滞するだろうし金利が良い方向に変動することなんてあるのかしら~?

と思ったので固定も買ってみました。

金額が少ないのは、金利が0.05パーセントなのであまりやる気になれませんでした。

 

ネット銀行の定期

同時に開設した住信SBIネット銀行のキャンペーン(少し前の話です)で3か月定期の金利が0.3%で、こちらには2万円入れてみました。

これもしょぼいけど、とりあえずお試しということで。

今後またキャンペーンがあったらもう少し預けてみようかなと思います。

 

まとめ

今回投資してみたのは積み立てNISA、個人向け国債、ネット銀行の定期預金でした。

金額は少ないですが、まだまだ今後も色々と試してみようと思います。

次は個別株や米国のETFも買ってみようかな~と考えています。

投資についてはプラスもマイナスも公開していこうと思います。

身を削っていろんなことを体験してみようと思います!(夫は怒るかも(笑))

参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]