家計改善計画~2000万への道

家計の赤字体質を改善し、投資もやってみるブログです。

貯金は安心で投資は怖い

こんにちは!まろん@家計改善です。

まだまだ改善の余地がありますが、前回まででかなり収支の改善を頑張りました。

今度は貯蓄や投資について考えようと思います。

これまでも毎月2万ほど、子どもの児童手当の分を学資保険の支払いに充てていたのですが、解約しましたのでこれを今後は定期預金にするのか、それとも投資をするのか、ということを考えてみました。

 

貯金は安心だけど、投資は怖いな......

だけど貯金で本当に充分なのかしら?

 

色々と勉強したことをまとめてみました!

 

目次

 

定期預金

説明するまでもありませんが、銀行に一定期間お金を預けて利子を受け取るものです。

自分の利用している銀行の金利を調べてみました。(地方銀行

現在、いくら預けても、預入期間が1年だろうが3年だろうが、金利は0.01%!!

0.01%ですよ!

1万円を1年間預けたら受取金利は1円です。

…え?なにそれ?意味あります?

銀行がお金を貸すときの金利と、預入に対する金利差ありすぎですよね。しかも、2019年10月からATMの時間外手数料って110円ですよね。

企業にまともに投資もしないで、とにかく手数料ぶんどって金利は付けないって、どういうこと???

イライラしてしまいますが、そんなことを言っても仕方ありません。

とにかくいつもの銀行はダメだ、ということになりました。

 

 投資について

次に候補に挙がったのは投資です。

最近積み立てNISAとか、iDecoとか、ブログやYou Tube などでよく聞いていたので、投資信託だということはわかっていましたが、「怖い」という気持ちはありました。

けれども、自分なりに調べてやろうかなと夫に相談してみました!

夫は

「え~、ブログとか Youtube とか、知らない人たちの言うこと鵜呑みにして始めて大丈夫?」

ちょっと「え~」と言われてがっかりしましたが、一緒に You Tubeを見たり、私が読んだブログや本について教えたりして、二人で少しずつ考えました。

実際、ただ「人の言うことを鵜呑みにする」のは嫌だったので、書籍をいくつか読みました。

私はアマゾンのkindle unlimited を契約しているので、そこでとりあえず読み放題で読める投資カテゴリのものを選びました。

 

読んだ本1: 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 これが一番わかりやすく、すっと入りました。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

 

 

読んだ本2: ETF投資の教科書

 ETFってなんだよ?という疑問が解決。

ETF投資の教科書

ETF投資の教科書

 

 

読んだ本3:  マンガでまるっとわかる!株の教科書

 へーという感じで流し読み。

 

読んだ本4: 超入門 株の教科書

 これも一応参考に流し読みしました。

超入門 株の教科書

超入門 株の教科書

 

 

読んだ本5: 初めての株式投資で稼ぎ方までわかる本

これは最後まで読み込んでみました。

色々と難しい感じがしたものの、なんとか理解しました。

初めての株式投資で稼ぎ方までわかる本

初めての株式投資で稼ぎ方までわかる本

 

 

 

いずれも初心者向けのものでとても分かりやすく書かれていました。

チャートの見方を説明する部分などは「へー」くらいで読んでいきました。

一番最初に読んだ本が一番楽に読めました。

字も大きいし、証券口座の作り方まで書かれていました

 

個人向け国債について

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」

を読んで、個人向け国債も考えました。

金利は0.05%で定期よりは良いですが、正直物足りないですよね。

でも5倍だしね、、、お金持ちならこの金利でもすーっと増えるんですよねぇきっと。

でも元本が保証されているというのは我が家のような一般家庭には魅力的なので、これは貯金の一部を回してもいいのかなと思いました。

全てをリスクのある者に投資してしまうのは心配です。

 

証券会社に口座を開くことに!

投資のことは色々読んでみたけど、とりあえず積み立てNISAをやってみよう、ということでまとまりました。

 

買い付け手数料も無料だし、非課税ですし、毎月投資信託を積み立てるだけで、あとは放置できるのが良かったのです。

 

個別株の購入は、単元まで買うのに大金が必要ですし、それで価格が下がってしまったら、一時的なもので後で回復する可能性があったとしても、気分は良くありません。

優待がもらえるとか、配当金とか、魅力的ではありますが、まずはやりやすいところからやってみようということになりました。

証券会社をどこにしようか話あった結果、楽天証券か、SBI証券かなという話になりました。

というのも、規模が大きくて、手数料なども安いそうです。

 

 

まとめ

私たち夫婦は、子どものための学費や老後の資金をもっと効率よく貯めたいということで意見がまとまっていました。

学資保険が手数料の高い投資信託であるということに気が付いて解約したわけですが、やはり自分で投資をするとなると勇気が必要でした。

とはいえ、消費税の増税で多くのものが値上がりするのに、金利0.01%では耐えられません。

投資にリスクはつきものとは言うものの、ドルコスト平均法という手法である程度軽減できるということもわかりました。

自分で株を選んだり、予測したりは難しいですから、とりあえず低コストの投資信託を購入することで少しでも手間を省いて増やせたらそれでいいということにしました。

定期預金よりも、学資保険よりも増えるようなので(運用のシミュレーターを活用)、とりあえずこれでしばらくいってみようと思います。

資産運用に興味がわいたので、さらに色々と勉強しつつ自分で実践してみようと思います。

なんでも体験しないとわかりませんから。

参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!