家計改善計画~2000万への道

家計の赤字体質を改善し、投資もやってみるブログです。

証券口座を開く

こんにちは。まろんです。

前回書いたように、投資に興味がわいたので、人生初の証券口座を開いてみました。

投資をしているという友人にどこのがいいの?とか聞いてもなんだかたくさん口座を開いているみたいで違いなどもよくわからなかったので、とりあえず読んだ本の中で説明されていたSBI証券で口座を開くことにしました。

本やウェブサイトで検索しながら口座開設までこぎつけました。ついでに(?)ポイントが貯まるということでネット銀行も開設したり、ポイントサービスにも登録しました。

以下に内容をまとめました!

 

目次

 

 

証券口座を開設

今回開いたのはSBI証券です。

Googleで検索すればぱっと出てきて、あとはひたすらハイハイとクリックしてたら開設できます(ハズ…)。

口座は特定口座(源泉徴収あり)にしました。

これをすると確定申告がいらないんだそうですが、私の場合は自営業なので毎年必ず確定申告をしています。

なので源泉徴収なしの口座でも特に問題はありません。

青色申告をしていて、あまり稼ぎも多くない(笑)ため戻ってくる分が多いのですが、知らない間に貯金しているような感じになって嬉しい感じになるので「源泉アリ」を選びました。

FXや信用取引は怖いので申し込んでいません。

申し込みにあたってわからない言葉は、その都度検索すればブログに書いてくれている親切な人がいるので大丈夫でした(笑)

身分証明書やマイナンバーカードなどはウェブアップロード*にしたので申し込みをして1週間くらい?で開設しました。郵送だともう少し時間がかかるようです。

積み立てNISAも同時に申し込みできました。

*ウェブで大事な情報をアップロードするのは心配ですが、郵便も信用できません。ごくまれに郵便物を配らないで捨てられてることありますよね。私自身は、以前TOEICの受験票が届かなくて困ったことがあります。まったく関係ない人の郵便が届いたりも何度かあります。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

つみたてNISAの設定

証券口座を開いてまずやったのは積み立てNISAの設定です。これはたしか口座開設の時に選択するところがあって、そのときに選択した気がします。

  1. 証券口座を開く手続きを開始
  2. 総合口座を開設
  3. 積み立てNISA口座を開設する
  4. 積み立ての設定をする(投資先、金額、割合)
  5. お金を証券口座に入金する

 とりあえず手数料が安いのが一番だということを学んだので、「emaxis slim」シリーズのTOPIX、全世界、ニッセイの外国株式に決めました。

投資信託なので何も考えずに毎月定額積み立てていきます。

全世界は何となく分散投資というものをしてみたかったというだけです。

まずは12000円から(少ない!)。

だって怖いから。

色々勉強しましたが、実際に体験して理解してからでないとドーンといく勇気がでません。

少しずつ投資して慣れてからやっていこうと思います。

 

個人向け国債

次に、個人向け国債を買ってみました。

金額はしょぼく5万円。

これも本で読んだとおりに(笑)

固定3年と10年変動金利を購入。

この後景気が停滞するだろうし金利が良い方向に変動することなんてあるのかしら~?

と思ったので固定も買ってみました。

金額が少ないのは、金利が0.05パーセントなのであまりやる気になれませんでした。

 

ネット銀行の定期

同時に開設した住信SBIネット銀行のキャンペーン(少し前の話です)で3か月定期の金利が0.3%で、こちらには2万円入れてみました。

これもしょぼいけど、とりあえずお試しということで。

今後またキャンペーンがあったらもう少し預けてみようかなと思います。

 

まとめ

今回投資してみたのは積み立てNISA、個人向け国債、ネット銀行の定期預金でした。

金額は少ないですが、まだまだ今後も色々と試してみようと思います。

次は個別株や米国のETFも買ってみようかな~と考えています。

投資についてはプラスもマイナスも公開していこうと思います。

身を削っていろんなことを体験してみようと思います!(夫は怒るかも(笑))

参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]